今日はどんな話をしようか。

羽川くるみの日常。

毒舌コラボ。

今日は夏瀬杏子先生の「鳳閣星・調舒星」のオンライン講座に参加しました!
(車騎・牽牛の回は終了していて、次回は貫索・石門の回が予定されています)

f:id:kurumi_hanekawa:20210328234530j:plain

算命学の陽占に用いられる十大主星のうち、火の性質を持った鳳閣星・調舒星。
火はその性質から洩気(えいき)として「その人から生まれる(湧き出る)もの」とされています。
確かに、燃えるものがある間は絶え間なく放出しますよね。
燃えるものがなくなると鎮火する。
「鳳閣・調舒」持ちさんにとって燃えるもの(燃料)は、
楽しいかどうか(鳳閣)/自分にとって好きなことか(調舒)という点。

さて。

こちらは私の陽占です。
f:id:kurumi_hanekawa:20210328234229j:plain

鳳閣・調舒が現れる条件というのがあるのですが、それによると私の場合は北と東に調舒をもっています。
そして、調舒の特徴のひとつに「毒舌」があります。
(他にもポジティブなことも沢山あるんだけれどね!!)

裏表がない分、悪気なくストレートに、
且つ、察し上手だからか相手の弱点目がけてズドンと一発お見舞いする。

また毒舌家として、他にも「玉堂星」が上がりました。
玉堂は「正しいかどうか」に引っかかるので穿り返すとか。

・・・ちょっと待て、私両方とも持ってるじゃないの!!!

ということで思い出したことがあります。

10年以上前に勤めていた職場での雑談で、この毒舌コラボによる大砲をぶっ放しました。

同僚(同い年。軽口を叩ける仲)と恋話になった時のことです。

彼の家に内緒で遊びに出かけたら、
まさに浮気の真っ最中・・・というドラマみたいな話。

当然ショックで、バタバタと家を飛び出したそう。
すぐに彼から連絡が入って一悶着あり結局その後別れた、という顛末。

私 「怒りで引っ叩いたりしなかったの?」
同僚「ちょっと可哀想になってね。そこまでしなかったよ。握手して別れた」

へぇ、握手して別れた・・・

と脳内で彼女の言葉を反芻した矢先、大砲が放たれました。

私「さっきまでどこ触ってたか分からない手なのに、よく握手できたね」

流石に自分で言っときながら「ひどい事言ったな」と思ったんですが、後の祭り。

ちょっと格好つけて本心を隠すタイプの同僚だったので、
強い女演じなくてもいいのにな〜という気持ちもあったんですが、
言われた本人はポカンとしてました。(そりゃそうだ

後にも先にもここまでのことを言ったのはこのくらい・・・と思ったのですが、
今日の講座でも「スッと息を吐くように毒舌が出る」という話もあったので、
今までに他でもやらかしているかもしれません。

とはいえ。
私の陽占図では中心星が牽牛星なので、だいぶブレーキ踏んでる・・・ハズなのです。
むしろ「もっと調舒を出していいのに」と先生に言われるくらい。
この二つの星は、牽牛←調舒という向きで、
例えるならクソ真面目に生きている人に対して、
不良娘が「そんなに真面目に生きて何か意味あるの〜」と茶々を入れられている感じ。

西洋占星術でもハードアスペクト多いのに、
算命学でも葛藤の多い図なのね(トホホ
どこまでも自分を鍛えるのが好きなのね、と今日の講座を通して改めて思いました。

ただし、調舒が毒舌になる相手は、主に「自分が身内と感じた人」に対して。
本来、調舒の人たちは困っている人に手を差し伸べるタイプです。
愛ある鞭にしては一発が重たいので加減は致しますが、
迷っている方に対してポンっと背中を押す力に変えられたらいいなと思います。